20050804_2233_0000.jpg力士にとっては激しい稽古を行うための準備運動のような存在。私達にとっては健康づくりに役立つと。国技館で撮影した写真思わず見なおしました。確かに力士のお尻はかっこいい!来週は上半身ひねり加えたい・・・




実践会の増田より追記です。

なんと、8/4(木)の読売新聞夕刊にタイムリーな記事を発見しちゃいました!
《愛する人を幸せにできる男性とは?》
「オトコ選び」には、お尻と太ももに注目することを薦めている方がいらっしゃるそうです。
「男の生理」がわかれば、理想の彼氏ができる、と説くのは
『男はおしりで選びなさい』(WEVE出版) の著者、医学博士でクリニック院長の石原結美さん。
お尻を横から見たときに、キュッと上がっていて張っており、太ももの筋肉に張りがあることが重要なんだそうです。
男らしい体つきや、闘争心、決断力、理論的思考力などには、「テストステロン」という男性ホルモンが不可欠で、それを作るのは下半身だからなんですって!

お相撲さんのお尻が格好いいのが、なんか納得…。

さすがは宝田先生。
注目観点が何気に鋭いですね〜。

夫や彼氏のお尻を眺めて― 
そうではなくても、筋肉なので鍛えることができる!!

おお〜、くちびる美人エクササイズと同じ(笑)

男性には惚れ惚れするような格好いいお尻のため、女性にはキュッとアップした魅惑的な桃のようなお尻づくりのために毎日腰割り!!

幸せのための筋トレ、自分のため、パートナーのためにみんなで頑張りましょう♪

追伸:早速、腰割りしながらテレビを観てました。ズボラな私はながら族(^^ゞ
でも、長続きのひとつのコツかも?それにしても、きつ〜〜ぅ(笑)