2017年10月07日

宝田恭子です

01cbdccf.jpg妹さんの患者さんも以前作ったもので噛めると言ってくださいますが1年以上経ってもう一つ作製して欲しいという理由は「右で噛むと左が僅かに後ろの方から空気が入るような感じがするのね。それで外れて落ちる事はない、、しかし左で噛むとそうはならない。そこだけが気になるのね。あとは全く問題なし。」と。、、、そこに気をつけて新義歯を作らせて頂きました。さあ、ここからの調整が私にとりまして大切な学びの時間になります。

takaradakyoko at 17:39│Comments(0)宝田恭子の最新情報 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
宝田恭子です
日本アンチエイジング歯科学会理事。メディカルアロマテラピー研究会、日本歯周病学会、国際口臭学会に所属。くちびるエクササイズを、従来の歯科治療に積極的に取り入れる。顎関節症、ホワイトニング、義歯等、歯科治療と口もとの美しさの関係にも心を砕き、また、AGダンス等、筋肉トレーニングの大切さを広める活動にも尽力。心身共に元気になった笑顔の患者さんを送り出したいという気持ちで、毎日診療所に立つ。
いつも笑顔で
13b0cfbd.jpg








QRコード
QRコード
宝田歯科
おもいっきり笑った顔が、健康な白い歯と、両口角(口の端)が『キュッ』と上がった笑顔になっていますか。口臭は気になりませんか。この2つに自信が持てたら人生より楽しくなると思いませんか? 宝田歯科
記事検索